Skip to content

キャッシングはまずシミュレーターから

キャッシングの申し込みには何かと手間がかかるものですし、万が一落ちてしまった場合申し込みにかかった時間や労力などが全て無駄になってしまいます。こういった徒労を避け時間の無駄を避けるには各キャッシング会社が凡そ公式に設置しているシミュレーターを利用し、暫定的な審査結果を調べてから申し込むとよいでしょう。


シミュレーターの使い方

10秒審査や3秒診断、1秒審査などその名称は会社によって様々ですが最近キャッシング会社の公式ホームページにはこういった審査シミュレーターの設置が進んでいます。名前や住所といった個人情報はこれらには不要で、例えばだいたいの年収や既婚未婚、現在の借入額と借入先会社数など簡単な項目を数点埋めるだけで手軽に利用する事ができます。また精度は高くシミュレーターでの審査結果はほぼ本審査の結果と同等だと言われています。


キャッシング審査とシミュレーターの関係

キャッシングの審査は大きく分けて仮審査と本審査の二つに分けられているといいます。仮審査は申し込み書類の各項目をスコアリングしコンピューターで合否を判定し、本審査は記載内容に間違いが無いかを確認する作業となっています。シミュレーターは言ってしまえばこの仮審査と同等の処理を行なう為、申し込み内容が正確であれば実際に申し込んだ時とほぼ同等の結果が返ってくるようになっています。